最新情報

社会保険の定時決定手続

社会保険(ここでは、健康保険及び厚生年金保険を指します。)の保険料は、まず資格取得時の給与に応じて標準報酬月額が決定(資格取得時決定)され、その後は、原則として年1回、4月、5月、6月に支払われた給与に応じて、標準報酬月額の見直しを図ります。
これを、定時決定といい、健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届(算定基礎届)をもって手続を行います。

原則として、7月1日現在、被保険者である方について算定基礎届を提出する必要があります。(提出期限は7月10日)
ただし、次の方については定時決定の対象外となります。
(1)その年の6月1日以降に被保険者の資格を取得した方(資格取得時決定の対象となります。)
(2)その年の7月から9月までの間に標準報酬月額の随時改定が行われる方

定時決定による新たな標準報酬月額は、原則として、4月、5月、6月の3ヶ月間に支払われた給与の総額の平均(3で割った額)となります。
ただし、給与の支払いの基礎となった日数が17日未満の月は除いて計算します。

定時決定による新たな標準報酬月額に基づく保険料は、原則として、その年の9月1日から翌年の8月31日まで適用されます。

労働保険の年度更新手続

労災保険と雇用保険を併せて労働保険と呼び、この労働保険の保険料は、事業主が申告・納付する必要があります。

労働保険は、毎年4月1日から翌年3月31日までが保険年度とされています。
保険料は、年度当初に概算で申告・納付し、翌年度当初に確定申告の上、精算することになっています。
これを労働保険の年度更新手続といい、原則として6月1日から7月10日までの間に、都道府県労働局に対し、この手続を行わければなりません。

なお、石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金も、労働保険料と併せて申告・納付することとなっています。